2018年10月10日水曜日

三日月のように

人を三日月のように見よう。満月も美しいが、半月になり、三日月に変わっていく時期を楽しむ時、欠けていく部分を見るより輝いているところを見る。細く輝いている三日月の大部分の欠けている部分より輝いているところを見る。人に対しても欠けている部分をみるより輝いている部分を見よう。 三日月の美しさ、素晴らしさ見つめ、それを伸ばしていけるように支えていこう。その小さな輝きに注目し、それを伸ばしていくことが細い三日月の輝きでも、満月のように照らすことができる。満月の時には、明るすぎて見えないが、三日月になると、周りにく星も見えようになる。人にもそのように見ていこう。

今から23年前、発達障がい児の支援プログラムを開始する時に、3カ月にわたり医師、臨床心理士、作業療法士、そして親の会と14回の連続講座を担当した際に、児童精神科医の故佐々木正美先生や療育関係者から教えられた。

欠けている部分より、得意なこと、好きなこと、光っているところを見つけ支援していくことが療育では大切であるが、ある意味、これはだれに対してもいえることだと思う。子育てでも子どもを三日月のように見てみよう。友人や同僚、部下などは、欠けている部分を指摘しがちだが、輝いていることを伸ばしつつ、欠けていること見つめよう。横浜YMCAワークサポートセンター レザン開設の際にあらためて初心を思い出した。

レザンでは、カフェをオープンする。三日月のような美しい輝きを持ったメンバーが就労への備えをしている。その輝きに触れるとあなたの心の月も輝きはじめるかもしれない。

(横浜YMCA総主事 田口 努)

2018年9月10日月曜日

喜びの糧

夢中に走ってゆく人が見えた
自分達もはだしで走った
人々が道の最中に団って棒立
ちになってゐた
余震の来る度びに人々は
一つところへかたまって
唸るのだ。
(千家元磨)
*****
昨日だれも知らなかった
地震が来た
今日だれも知らない
明日何が来るだらう
人間よ 人間よ
(堀口大学)
*****
恐ろしい地殻の振動に戦き乍
らもあたたかい隣人の親しみ
をふかく抱きしめることの出
来た私は幸いだ
(中田伸子)


95年前の関東大震災時の文集の一部だ。関東大震災の起きた9月1日を防災の日として、9月は各地で防災訓練が行われる。

今年は6月に、大阪西部でも地震があり、7月には西日本豪雨による水害で多くの方が犠牲となり、今も避難生活を余儀なくされている。全国のYMCAでも広島、岡山で被災者支援の活動を開始し募金も始まっている。

私も岡山の真備町で屋根からボートで助けられた方の家の片付けを手伝った。1階は、完全に水没しており、水につかったもの全てを処分し、床板、壁、そして天井を剥いでゆく。大勢の親族や同僚、ボランティアが駆け付け、膨大な作業も少しずつ片付けられてゆく。

猛暑の中で同じ作業をしつつ名の知らぬ者同士互いを気遣い、水を分け合う。水害の恐ろしさと絶望感の中にある家人が「こんなに人の世話になるなんて思いもしなかった」と語り、片付けが進む中で希望を見出している姿を見た。その姿だけが作業を続ける方々の喜びの糧となっている。災害時の支え合いに、隣人の愛を感じるのは95年前も今も変わらない。

(横浜YMCA総主事 田口 努)

2018年8月26日日曜日

道志パイオニア3・4キャンプ 3日目

暖かい日差しのもと、元気にアクティビティ

本日は昨日までの雨が嘘のような快晴の中でのキャンプとなりました。しかし、豪雨の影響で川は増水し、山の斜面のぬかるがひどかったため、予定を変更しプログラムを行いました。


マス釣り・つかみ取り、テント設営、小川遊びをユニットごとに行いました。子どもたちも太陽のもと、生き生きとした笑顔を見せてくれ、キャンプ場にたくさんの笑い声が響き渡る1日となりました。マスは釣り、つかみ取りだけではなく、捌き、食べるという私たちが命をいただきながら生かされているということを感じる機会となりました。テント設営はお互い声を掛け合いながら協力し合いながら本日の根城(寝城)を確保でき、1日で多くのアクティビティができました。


そして夜は幻想的な雰囲気が醸し出されるキャンプファイヤー。大声を出しながら体を動かし、キャンプが一つになった瞬間でした。

明日がいよいよ最終日です。スケジュール通りにすべてが進んでいるキャンプではありませんが、最終日も安全第一にプログラムを進め、保護者のみなさまのもとへ元気に帰りたいと思います。
道志パイオニア3・4キャンプ
総合ディレクター 永田一誠

2018年8月24日金曜日

道志パイオニア3、4 2日目報告

道志パイオニア3、4キャンプ 報告 2日目

大雨に見舞われる中でも子どもたちのパワーは偉大です!!

道志パイオニアキャンプが23日、前半ユニットが無事終了し、後半のユニットがスタートしました。
これから楽しもうと!!と始まったキャンプ。到着前から少しずつ雨が降り始め、夜は本降りとなりました。安全第一にプログラムを進行するために、夜のプログラムを行わず、集会室で両ユニット全員で就寝しました。保護者の方には多大なるご心配をおかけしたことと思います。
朝になると少しずつ雨も落ち着き、朝からみんなで大きな声で歌うことから2日目が始まりました。午前は昨日の疲れや寝不足もみられるお友だちが多かったため、グループでキャビンでゆっくりと過ごしました。
午後は、クラフトを行い、「竹ぼら、キーフォルダー、表札」と子どもたちがチョイスしたものを作成しました。子どもたちもやっと動けると!!とお友だちと協力しながらも楽しそうに作成する姿が見られました。

天気も落ち着いてきて、太陽も少しではありますが顔を出してくれました。明日、明後日と残り2日。道志の地で思う存分、キャンプ生活を楽しめるように進めてまいります。



道志パイオニア③・④キャンプ
総合ディレクター 永田一誠

伊豆シーサイドアドベンチャーキャンプ 報告④

自然の強さを感じた4日間

キャンプ4日目 最終日。
昨日の夜から台風接近に伴い強風と大雨でした。本日の朝は、台風一過の晴天とは行きませんでしたが、時折晴れ間も見れる天候でした。

今日は、海には入らず午前中の時間を使ってクラフトとキャンプの振り返りをして過ごしました。朝食からみんな元気です。
部屋と荷物の片付けを早々に済ませて、キャンプテーマの出来たことを貼ってもらったものをみんなで見たりクラフト作成をしたりぎりぎりまで満喫していました。


渋滞と道路事情を懸念して早めに現地を出発しました。

今回は、病院にいく子が一人もいない、みんな元気に過ごせたキャンプでした。一方で台風に伴う天候により予定通り行かなかったことやおそらく人生の中で体験する最大の波に出会えたことなど自然の力を肌で感じたのではないでしょうか?そういう体験をみんなのこれからの生活に活かしてもらいたいと思います。また、キャンプで会えることを楽しみにしています。
(伊豆シーサイドアドベンチャーキャンプ 総合 瀬戸俊孝)

2018年8月23日木曜日

富士山トレッキング・アドベンチャーキャンプ報告 DAY8

8日目は、大きな雨雲が西の空に見え、雨の気配が近づく中、富士山YMCAのデッキテラスでは、朝のつどいに集まった子どもたちの元気な歌声が響いていました。

 午後からの雨の影響を受け、午前中のみ富士五湖の一つである本栖湖へ向かい、カヤックとSUP(スタンドアップパドル)にチャレンジしました。風が強く、流されながらも頑張って、湖面を悠々と漕いでいる子どもたちがいました。







 午後は、台風の影響で大雨が降り、キャンプソングを歌ったり、カードゲームで遊んだり、少し体を休めながらキャビン内でゆったりとした時間を過ごしました。

 最後の夜はキャンプファイヤー。9日間過ごしたトレッキング・アドベンチャーキャンプのお友だち全員で盛り上がりました。

 明日はいよいよ最終日。「もう8泊泊まりたいな~」「台風で帰れなくならないかな。。。」などこのキャンプが終わることがとても残念な雰囲気な中ふりかえりをしました。最後までみんなが元気にキャンプをすごせるようリーダー一同がんばっていきます。

トレッキング・アドベンチャーキャンプ
引率 田北 孝紀

森の探検キャンプ2 3日目 報告


 森の探検キャンプ3日目の報告をさせていただきます。

 本日も全員元気で、朝の集いに参加しました。
 朝食は、ウインナー・スクランブルエッグ・ラタトゥイユ・野菜スープ・ロールパンでした。

 午前中は、「間伐体験」でチャーターバスで近隣の人工林に行き、特別非営利活動法人「森の蘇り」のスタッフの方たちから指導をいただき、「きらめ樹」と呼ばれている「皮むき間伐」に挑戦しました。
 この作業は密集してしまった人工林を間引きしてやる「間伐作業」の一つです。対象のスギやヒノキの木の皮を剥くことによって、ゆっくりと立ち枯れさせるのです。
 そして一年後に乾燥した状態で、伐採することによって森を健康な状態に保ちます。

 予想した通り、活動の途中から台風の影響の雨が降ってきましたが、持参した雨具を着て、樹皮はがしの作業を続けました。




 村に帰ってから、昼食のお弁当を食べ、NPOの人から森林保護についてお話をいただきました。世界と日本の森林が置かれている状況を話していただき、今日行った作業の環境に与える意味について解説をしてもらいました。



 夕食はカレーライス・ミニメンチ・ゆで卵・野菜サラダ・プリンでした。カレーはたくさん作っておきましたが、ほとんど残らないくらいの食欲を皆さん見せてくれました。

 食後は休憩を取ってから、キャンドルファイヤーを行いました。台風の風雨が勢いを強めていましたが、各グループが出し物をし、全員でキャンプソングを歌いました。
 嵐の中での最終日夜となりました。


                                   報告 菅原