2019年2月15日金曜日

第4回国際・地域協力募金委員会

第4回国際・地域協力募金委員会が2019年2月5日(火)19:00~20:30に行われました。
開会礼拝からはじまり、2018年4月から2019年1月末日までの募金集計額の確認、各YMCAで行っている募金活動紹介、使途先学習会を実施しました。それを受け、グループシェアの時間を持ちました。
募金活動紹介では、YMCAオベリン保育園と、本部事務局の職員より、日ごろ取り組んでいる募金活動の取り組みについて報告し、各YMCAの募金委員と共有しました。



YMCAオベリン保育園では、子どもたちの主体性、人と人とのつながり、保護者の参画を大切に募金プログラムを行っており、募金クッキングを定期的に開催したり使途先について園児や保護者の方にお伝えする機会をつくっています。本部事務局では季節のイベントに合わせ募金活動を行っており、今月のバレンタインデーをとりあげ、福島のチョコレートや民芸品を販売し売り上げの一部を東日本の募金につなげました。


使途先学習会としては、かながわ外国人すまいサポートセンター(横浜中央YMCA2階 NPOサポートセンター内)の理事長である裵安さんより、センターの活動内容と必要性についてお話していただきました。外国の方と共に暮らす中で、その方に寄り添い、必要なサポートを提供していくことの大切さについて学びました。



今年度の募金委員会では、国際事業委員会に委員の出席をお願いしており、今回は3名の委員がご参加くださりました。YMCAの募金活動の発展に向け、貴重なご意見やアドバイスをいただきました。ありがとうございました。
現在の募金額は11,714,568円となっており、今年度の目標金額1,200万円まであと少しです。募金プログラムの活動を通して、皆さまと共に使途先となる方々のことを想いながら、支援という形につなげていけたらと思います。

(国際・地域事業 永田圭緒梨)
 

2019年2月10日日曜日

Linkする

がんばってもがんばっても
上手くいかない夜
公園のベンチでふと
見上げた空はとても広くて
何もかも投げ出せば
楽になるのかな
そんなはずは無いのは、
わかっている
踏ん張って、食いしばって
強くありたいと
誰もが走ってる
限りある命をもらったから
僕達は生まれてきたんだから
今が、どんなに険しい山でも
救いはあるはずと信じたい
たくさんの人が生きる世界で
僕達は、こうして出会えた
同じ時代にあなたが生まれた奇跡にありがとう
(作詞・作曲庭瀬幸一郎)


「Link~出会えた奇跡にありがとう」といういじめに取り組むピンクシャツデーに寄せて作詞された庭瀬さんの詩だ。小中高生で自死する子どもは年間357人。つまり毎日一人の子どもが自死する社会なのだ。大学生を含めると年間817人の若者が自死するのは世界でもまれだ。

若者が輝かない社会に未来はない。なぜ自死するのか。ほんの小さな人との違いを差別し、偏見の中でいじめがはじまる。いじめに加わると今度は、自分がいじめられないようエスカレートする。最悪な場合は自死にまで負の悪循環が高まる。取り巻く仲間や大人たちの傍観や不用意な行動、言葉が駆り立てることも少なくない。

いじめの始まりは子どもの集団のストレスからという意見もあるが、大人の社会の閉塞感を映し出しているのかもしれない。多様性を認め、個性を尊重し合い、いじめの問題を自分事として弱くされている人に「Link」すると宣言する「ピンクシャツデー」の思いで毎日を過ごしたい。

(横浜YMCA総主事 田口 努)

2019年1月22日火曜日

よこはまグッドバランス賞認定事業所として認証されました。

1月18日、横浜関内ホールにて「よこはまグッドバランス賞」をいただきました。

YMCAの活動に参加される多くの皆様に、いつもよいプログラムをご提供し、そして喜んでいただくために、プログラムに携わる私たちスタッフが生き生きとワークライフバランスを保ちながら働くことが大切であると考えています。

このたびの認証は、ワーク・ライフ・バランスの推進を図り、女性も男性も働きやすい職場づくりを進める事業所として、今回公益財団法人横浜YMCAが2回目の継続認定、社会福祉法人横浜YMCAは3回の継続賞となりました。



 

 
横浜YMCAでは、1970年代の早くから、企業でいう一般職、総合職といった職制の区別がなく、また男女同一賃金にて運営してきた文化があります。また現在は、全職員に占める約7割を占める女性スタッフが、子育てをしながら事業運営をし、あるいは管理職として活躍しています。また、家族の介護をしながら、活躍するスタッフも応援しています。

こういった実態に加え、子育て支援タスクな、スタッフによるスタッフ向けの子育て支援の取り組みや、男女の管理職割合、多様性を受け入れる組織風土などを評価していただきました。

認定を機にますます、スタッフが活躍できる組織づくりを進め、活動に参加される皆様に、よいプログラムをご提供できるように取り組んでまいります。

(参考)グッドバランス賞とは

横浜市では、市内事業所での積極的な女性の活躍推進やワーク・ライフ・バランスの推進を図るために、女性も男性も働きやすい職場づくりを進める中小事業所を、「よこはまグッドバランス賞」と認定し、その取組を広く紹介しています。労働力人口の減少をはじめとして、さまざまな経済社会状況の変化によって、企業の活力や競争力の源泉となる有能な人材の確保が、企業にとって一層重要な課題となっています。「男性は仕事、女性は家庭」という分担を前提とした働き方ではなく、多様な人材を生かし、柔軟な働き方を可能にする取組が企業に求められています。

評価の対象となる取り組み
  • 応募必須条件:就業規則の作成や労働契約等の条件を満たしている
  • ワーク・ライフ・バランスに関する取組として、柔軟な働き方や継続就業に向けた取組について、制度や実績を問います。
  • 女性活躍・男女共同参画に関する取組として、性別に関わらず管理職への登用や配置転換、再雇用等の実績を問います。

2019年1月16日水曜日

横浜健康経営認証事業所クラスAAAとして認証されました

1月15日、「横浜健康経営認証クラスAAA」をいただきました。

YMCAの活動に参加される多くの皆様に、いつもよいプログラムをご提供し、そして喜んでいただくために、プログラムに携わる私たちスタッフの健康が大切であると思っています。そのスタッフのための健康づくりに対する取り組みを評価していただきました。

 

私たちYMCAでは、昨年度「クラスA」認証をいただいてから、職員の健康診断結果の分析を行い傾向を把握し、必要な取り組みを、働く仲間のための「健康づくりプロジェクト」として運動機会の増加と健康情報の提供に取り組んできました。ミーティングや研修、会議などにおいて体を動かす時間を作るなど、運動する機会を業務の中に作ってきました。また、職員報に毎月健康運動指導士、保健師、栄養士といった専門職スタッフがコラムを掲載し、健康のための情報提供、歩数計を職員に配布し、日常の運動習慣の動機づけに取り組んできました。これらの取り組みがクラスAAA認証につながりました。これからも、皆様により良いプログラムをご提供できるように、働く仲間の健康づくりに取り組んでいきます。

副賞の認証盾は、横浜市水源の山梨県道志村の間伐材が用いられています。毎夏、YMCAサマーキャンプを行っているキャンプ場は道志村、この水源林の近くにあります。横浜にゆかりのある地でのサマーキャンプ、ぜひ来夏の開催をお楽しみに。(リンク:道志パイオニアキャンプ https://omoiwotunaguzz.blogspot.com/2018/08/122.html


(参考)
横浜市が進める「人も企業も輝く横浜」をめざし実施しているこの認証制度は、認証式次第の林市長のあいさつに以下のように紹介されています。(一部抜粋) 『…人材は、企業をはじめ、あらゆる組織にとって、最も重要な経営資源です。従業員の方々が心身ともに健やかに働くことで、ご本人の充実感はもちろん、組織の生産性も高まり、ひいては、横浜経済の活性化にもつながります。…』

2019年1月10日木曜日

平和とスポーツ

スピリット(精神)マインド(知性)・ボディ(身体)。

YMCAのロゴにある三角形は、この3つのバランスがとれた人間的成長の場がYMCAであるという証で健康の基礎と考えている。現在は、この三角と翼を組み合わせたロゴとなっている。翼は平和の鳩の翼を意味し、人間的成長を遂げながら他者の喜びを自分の喜びとする平和を創り出す願いが込められている。

この三角形を考案した米国の国際YMCAトレーニングスクール(現スプリングフィールド大学)のギューリック主事は、1891年に冬でも室内でできるスポーツを考案してほしいと後輩のYMCA体育指導者ネイスミスに伝え誕生したのがバスケットボールだ。その後、バレーボールもYMCAから生まれた。

日本人の健康づくりにスポーツを生かそうと願って、この学校に入学した大森兵蔵は、卒業後に日本で最初のYMCA体育主事として東京YMCAで働き、バスケットボール、バレーボールを日本に初めて紹介した。大森兵蔵は、スポーツを通して人間的成長と平和を創り出す人を育てることを願い日本体育協会の設立などに関わり、日本がオリンピックに初参加した1912年のストックホルム大会の監督として参加した。

横浜YMCA体育主事の広田兼敏も軍隊式の体操から市民が楽しみ健康づくりにつながり、フェアプレーを通した人間的成長を願い、バドミントンを日本に最初に紹介し普及に努め、1936年のベルリンオリンピックに役員として参加した。

新春から始まるNHK大河ドラマ「いだてん」で大森兵蔵が登場する。人間的成長と平和の思いが伝わりますように。

(横浜YMCA総主事 田口 努)

2018年12月30日日曜日

栂池高原スキーキャンプ5日目報告

雪が降る中、元気に5日目を迎えることができました。

予定通りバスに乗り栂池高原を出発し、白馬駅に到着!



本部のスタッフと白馬館の方と一緒にみんなのお昼ご飯を各列車の乗りこみ位置まで移動!




列車が入ってくる前に、子どもたちがホームへ入り列車の到着を待ちました。



列車到着後は各車両へ順番に入り荷物整理などを行い、電車の出発を待ちました。





白馬駅の方や白馬館の方たちに見送られ予定通り出発!








出発後は、ユースキャンプに参加していたリーダが車内アナウンスを行い、盛り上げてくれました。



現在は各ユニット、お昼ご飯を食べています。






 このキャンプに送り出してくださった、ご家族の方に感謝をしながら神奈川で待つみなさんの元へ元気な笑顔で帰られるよう、最後までサポートしてまいります。

あと少しではありますが、5日間ありがとうございました。
またキャンプでお会いできることを楽しみにしております。

栂池高原スキーキャンプ
総合ディレクター 高田


富士山ウィンターキャンプ「いちばん星キャンプ」・「雪遊びキャンプ」2日目・最終日のご報告

「いちばん星キャンプ」・「雪遊びキャンプ」2日目と最終日のご報告です。



昨日、雪遊びキャンプのお友だちは、雪遊び会場に行って、そり遊びや、雪を丸めたり投げたりして雪とたくさんふれあいました!




初めて触る雪に「冷たい!」と声があがり感動している子どもたち
時間いっぱいまで、遊びつくしました!


夜は、みんなお楽しみキャンドルファイヤーです。
キャンドルを囲んでゲームをしたり、歌を歌ったり盛り上がりましたね!





いちばん星キャンプのお友だちは、YMCAの中で様々なプログラムを行いました。

いちばん大きな歓声があがっていたのが、大きなケヤキの木にかかったロープを登る「ツリークライミング」です。
「少し怖いけど、ロープから手をはなしてみようかな?」、「もう少し高く登ってみよう」など子どもたちのチャレンジの場面が多くありました。



夜のスターウォッチングで使う天体望遠鏡の操作も練習しました。
夜には上手に使って、前日に教わった「オリオン座大星雲」・「プレアデス星団(すばる)」をみんなで観察しました。



昨日は天候にも恵まれ、子どもたちのキラキラ笑顔も輝く1日となりました。




本日最終日は、自分の荷物をまとめ、3日間使ったお部屋を感謝の気持ちをもって、「来た時よりもきれいに」、「次に使うお友だちのために」お片付けとお掃除をしました。





このあと昼食を食べ、予定通りバスに乗って保護者の皆様の待つところへ帰ります。
最後になりましたが、この度は富士山ウィンターキャンプに、お子様をこころよく送り出してくださり、感謝申し上げます。
きっとお子様は保護者の皆様に会うなり、キャンプの思い出をたくさんお話しすることと思います。
ぜひそのお話を聞いていただき、楽しそうにお話しする表情から、キャンプでの楽しい雰囲気を感じていただければと思います。
重ね重ね、この度はご参加いただき誠にありがとうございました。
ぜひまたお会いできることを楽しみにしております。

富士山ウィンターキャンプ総合ディレクター 金井 淳
富士山いちばん星キャンプディレクター 杉山 範行
富士山雪遊びキャンプディレクター 熊坂 そあら