2018年5月23日水曜日

【サマーキャンプディレクタースタッフトレーニング】レポート

2018年度サマーキャンプ始まります!

横浜YMCAサマーキャンプがいよいよ始まります。子どもたちが成長出来るキャンプを創って行くためにリーダー(指導者)が同じ想いを持ってキャンプに臨めるように、引率スタッフ(プログラムディレクター)のトレーニングを、三浦YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジで5月21日(月)~22日(火)1泊で実施いたしました。
自然の中でゲームを通じてコミュニケーションを高めます
気持ちをひとつに
三浦の大自然を舞台にアイスブレーキング、イニシアティブゲームで身体も気持ちもほぐし、YMCAキャンプ理解やグループワーク理解と題して、キャンプ100周年を迎える歴史やリーダーや子どもたちとの関わりについて学びました。夜のキャンプファイヤーでは、童心に帰り楽しみ、また安全に配慮しながら1日を過ごしました。
自然に感謝して火を囲み、グループの出しもので盛り上がりました
2日目も晴天に恵まれ、朝のつどいで身体を動かして、お互いの健康チェックも行いスタートしました。
おはようございます!
朝食もしっかり食べました
2日目のセッションは、三浦の自然でどんな活動が出来るか?目的やねらいも考えて、森林の散策など行い、コミュニケーションを図りました。また、昼食はアウトドアクッキングとして、協力し合いながらグループで美味しいカレー、豚汁作りにチャレンジしました。


食材に感謝して、美味しくいただきます
この2日間での研修で学んだことをグループで話し合いまとめ、この夏のキャンプを安全かつダイナミックなものにしていこうと一人ひとりが決意表明を行い終えることができました。

横浜YMCAでは、子どもたちと一緒に成長できるキャンプボランティアリーダー(指導者)を募っています。自然の中での素晴らしい体験を一緒に分かち合いましょう!

横浜YMCAサマーキャンプスタッフ一同

2018年5月11日金曜日

日中韓YMCA 平和週間プログラム ~折り鶴でつなげる平和への思い~

今年で広島・長崎に原子爆弾が投下されてから73年を迎えます。
昨年の日中韓YMCA平和フォーラムに参加したユースが主体となり、平和への思いを込めて、全国のYMCAから広島へ祈り鶴を届けようというプログラムが開催されました。

横浜YMCAでは、横浜中央YMCA放課後児童クラブ・湘南とつかYMCA放課後児童クラブ・とつか乳児保育園・横須賀YMCA・横浜YMCA本部事務局から届いた、1628羽の折り鶴を送ることができました。ご協力ありがとうございました。




広島YMCAの協力で全国から集められた折り鶴1万8000羽は5月5日、広島の平和記念公園で開催された「原爆の子の像」建立式典で貢納されました。

湘南とつかYMCA放課後児童クラブでは、子どもたちと千羽鶴を完成させることを目標にし、1085羽の折り鶴を作成することで、達成感を味わっていました。
また親子で協力してくださった方からは、「平和について子どもと話すいい機会になりました。」と感想を寄せてくださいました。


鶴を折るというちょっとしたアクションを通して、それぞれの地域やコミュニティの中で、平和への想いを共有し、また新たな気づきを得ることで、世界の平和につながればと思います。

(国際・地域事業 永田圭緒梨)

2018年3月30日金曜日

2017年度 富士山スプリングキャンプ2日目・最終日報告

2日目はスケートキャンプ・カウボーイキャンプともに、
仲良くなった友人やリーダーたちと楽しく1日を過ごしました。

スケートキャンプは1日を通して、スケートを行いました。
1日目に初めて滑ったお友だちは、徐々に転ぶ回数が減り、
一人で滑ることができました。


また、上級者のグループのお友だちは、後ろ向きに滑ったり、
足をクロスして滑ったりと、昨日より難しいことにチャレンジしました。
初日と比べ、上手になる子ども達の姿を見ることができ、
とても嬉しいです。
最後はみんな「楽しかった!」と満足した笑顔でした。


カウボーイキャンプはまかいの牧場で過ごしました。
午前中は馬、羊の飼育体験を行いました。


畜舎の清掃は思っていたよりも大変で、
みんな苦戦していましたが、
馬や羊が気持ちよく生活できるように一生懸命清掃を行いました。
清掃終了後は体をブラッシングしたり、なでたりして、
動物たちと触れ合いました。



午後は乗馬体験と羊の毛刈り体験を行いました。
羊の毛刈り体験では、飼育員さんが羊について、
家畜についてなど貴重なお話をしてくれました。
実際に羊の毛を刈ってみると、温かさや、油の感覚、羊の地肌、
普段は体験することが出来ない様々な事を経験し、
みんなの表情が少し変わりました。


日が明けて今日は、3日間使ったお部屋の片づけと清掃です。
キャンプでは昔から、「来たときよりもきれいに」と言われるように、
感謝の気持ちと次に使うお友だちが気持ちよく過ごせるように、
みんなで力を合わせて行いました。

片づけ、清掃が終わった後は、お楽しみのアップルパイづくり。
みんなで協力して、おいしいアップルパイを作っていました。


バスは各解散場所に着き、
保護者の皆様と帰宅をしている頃と思います。
キャンプでの出来事をお子様から
たくさん聞いていただきたいと思います。
そして、またぜひキャンプにご参加いただき、
お子様とお会いできることをスタッフ・リーダー一同
楽しみにしております。
この度はご参加いただき、誠にありがとうございました。

富士山スプリングキャンプ 総合ディレクター 金井 淳
スケートキャンプ プログラムディレクター 中野 千夏
カウボーイキャンプ プログラムディレクター 杉山 範行

2018年3月29日木曜日

2017年度 春季栂池スキーキャンプ ピンクシャツデー

今年度の春季キャンプの中で全国のYMCAで取り組みを行っています、カナダで実際に起こったいじめから始まったいじめ反対運動のピンクシャツデーをスキーキャンプ会場でも各ユニットで行いました。


キャンプでは、各キャンプ、YMCAのキャンプの7つの目的からテーマを考え、そのテーマに基づいてキャンプは進められます。その目的にも「良き友人を作る方法を学び、互いの存在と生命を尊重する心を育む」「民主的なグループ経験から、社会に関わる責任感を育む」とあります。

実際に起きた出来事からみんなで考える時間をもつユニットや、聖書に基づきながらお話をするユニット、そして、人に言われたらうれしい言葉、笑顔になる言葉をみんなでたくさん挙げて、キャンプの中で、学校で伝えよう!と誓いあうユニット、それぞれテーマとうまくリンクさせながら子どもたちとともに考える時間を持ちました。



私たち一人ひとりが、自分のことだけではなく、自分の周りの人たちを笑顔にさせ、つながりを創造し「ポジティブネット」をつくりあげられる人になれるように願っています。

栂池高原 総合ディレクター 永田一誠

2017年度 春季栂池スキーキャンプ4日目報告

とうとうみんなが、期待と緊張に胸膨らませていたワッペンテストの当日!
本日も雲ひとつない清々しい天気。

風が少し冷たいかな?と感じましたが、気温は上がり暖かい…というよりも本日も暑い1日の中でのテストとなりました。
テストバーンの雪が溶けてしまうのではないかという心配もありましたが、スタッフ総出で子どもたちが最後まで滑れるよう午前と午後でテストバーンのポール設置場所を変え、無事にワッペンテスト終えることができました。

今回がスキー初の子も含め、全てのグループがワッペンテストを受講できました。
スタートに立つ子どもたちの緊張感や不安、ワクワクが伝わりこちらまでドキドキさせられました。
緊張するお友だち…「がんばれー!」と周りにいるお友だちやリーダーに励まされ、八の字で止まるのもやっとだった最初とは大きく異なり、1人で最後まで滑りきっている姿はとても逞しかったです。



それぞれのグループでのスキーレッスンは終了となりますが、「共にスキーを頑張れた!」というこの経験が、子どもたちの良き思い出と糧になりますうに。

明日はいよいよそれぞれの自宅に向かって列車はスタートします。
保護者の皆様の元へ日に焼けたたくましい笑顔とともに帰ります。


栂池会場 総合ディレクター 永田一誠

2018年3月28日水曜日

2017年度 富士山スプリングキャンプ1日目報告

本日より、2017年度富士山スプリングキャンプ
「カウボーイキャンプ」、「スケートキャンプ」が始まり、
子どもたちの賑やかな声が富士山YMCAに響いています。


スケートキャンプでは、午後からお楽しみのスケートレッスン。
久しぶりにスケートをやる子どもたち、
初めてスケートに挑戦する子どもたちは
靴の履き方や歩き方など基本動作などを入念に練習していました。


経験者はターンの練習をし、転んでしまうことすら楽しみながら、
滑っていました。
明日はもっと難しい技に挑戦です!
どこまで上達するか楽しみです。




カウボーイキャンプは、明日のまかいの牧場での体験に備えて、
各グループ、また、ユニット全体でアイスブレイクをして、
様々なゲームやアクティビティを通して、
お友だち、リーダーとの緊張をほぐし、交流をしました。


みんな仲良くなったお友だちたちと過ごす
まかいの牧場での時間が楽しみなようで、
ウキウキわくわくの表情が見られました。
明日は天気もいいので、思いきり楽しみます!


富士山スプリングキャンプ 総合ディレクター 金井 淳
スケートキャンプ プログラムディレクター 中野 千夏
カウボーイキャンプ プログラムディレクター 杉山 範行

2017年度 春季栂池スキーキャンプ3日目報告

キャンプ3日目が終了しました。

朝はあるユニットでは、中国語レッスン。中国語で「がんばれ!」はなんというかな?異文化にも触れながらのキャンプになっています。


本日も快晴!!焦げるような暑さのなかでのレッスンといっていいような気温です。
そのため、みるみると雪がとけていき、滑られるところをリーダーが選びながら滑走量を多くとっています。


スキーの上達をしている中でも、この暑さの中でのレッスンのため、少し疲れも見られます。午前と午後の間にはそれぞれのユニットでシエスタ(お昼寝タイム)を15分程度とり、午後のレッスンを行ったり、夜のプログラムを短くしたりと子どもたちの体調を最優先に考えキャンプは進んでいます。
明日のワッペンテストに向けて一生懸命頑張っている子どもたちの様子が見られ、なかには「どのワッペンが目標」か話してくれる子もいます!
また友だちとの仲もどんどん深まっているのが食事やナイトプログラムの様子からとても伝わります。明日はいよいよワッペンテストです。
緊張もあるとは思いますが、それぞれの子どもたちがそれぞれの力を出しきり、目標のワッペンに合格するために頑張ってほしいと願っています。そして大きな事故や怪我なくスキーレッスンを終えましょう!




栂池高原 総合 永田一誠