2018年8月17日金曜日

暑さに負けず夏のキャンプは大盛況です。

富士山はじめてキャンプ2 初日報告

2018年度夏季富士山YMCA「富士山はじめてキャンプ2」が16名のメンバー・リーダーが集まり、2泊3日のキャンプがスタートしました。各出発地から13過ぎに現地に到着、昼食後開村式を行いました。

駐在リーダーの紹介、旗揚げ式、「水分補給を忘れずに」「自分のことは自分でしましょう」「ブヨに注意」などのキャンプの注意・目的などをキャンパーみんなで確認し、午後は、グループなどで楽しく過ごしました。初めは、固い表情の子どもたちも徐々に柔らかい表情に変化した様子は印象的でした。



夕食の後はフリーチョイスを行いました。アヒルジャンプ、たいまつ積み木、お名前覚えゲーム、風船バレーなど各グループ楽しんでいました。


                       (富士山YMCA駐在 添谷憲一)





2018年8月16日木曜日

富士山トレッキング・アドベンチャーキャンプ 初日報告


いよいよ9日間の長いキャンプが始まりました。
この長いキャンプを仲間と過ごすこと、
アドベンチャーキャンプではロングハイク&登山。
トレッキングキャンプでは富士登山のようなダイナミックなアクティビティをチャレンジするためにも、まずはアイスブレイクとグループが良くなるための課題ゲームなど交流を交えたプログラムから始まりました。



 はじめはぎこちないお互いの様子も、“本気でおこなうこと”“話すこと・聴くこと”“安全”など大切なことを子ども自身と約束し行い、少しずつ笑顔と話し合いが垣間見えてきました。明日も引き続き行い、メインプログラムに向けて子どもたちとリーダーとのストーリーを創っていってほしいです。
中高生と小学生がかかわる場面も

4人で息を合わせて♪

                         (駐在スタッフ:添谷憲一)


2018年8月10日金曜日

富士山YMCA 学童キャンプ Bユニット 報告③

昨晩は残念ながら雨のため室内でキャンパー70名・
リーダー・スタッフ合わせて85名全員参加のキャンドル
ファイヤーとなりました。













学童キャンプ最終日になりました。
天気はどんより曇っています。
最後の昼食をとりました!















退村式の様子。6年生が前に‼
















現地出発です!














♪僕らのキャンプは~ はじまったばかりさぁ~
 また、いつかキャンプであいましょう♬
(駐在スタッフ 長田 光玄)








過去、現在、未来

摩文仁の丘の風に吹かれ、私の命が鳴っている。
過去と現在、未来の共鳴。鎮魂歌よ届け悲しみの過去に。
命よ響け。生きゆく未来に。
私は今を、生きていく。
(港川中学校3年相良倫子)

今年の沖縄戦全戦没者追悼式の平和の詩の最後の部分だ。「過去と現在と未来の共鳴」という言葉が心に響く。8月は、沖縄戦から長崎、広島の原爆被災者の追悼、終戦記念日と過去を直視し現代を見つめ、未来の平和につなげる時を共鳴させる月だ。

保土ケ谷に、横浜山手の外国人墓地の数倍の広さがあり、1800人を超える戦没者が眠る英連邦墓地がある。周囲が深い緑に包まれ、美しく整備された芝生で覆われ、静寂さを保っている。墓標を見ると1940年代前後に亡くなられ、10代後半から20代前半の若者たちの墓であることが分かる。第二次世界大戦中の戦没者だが、捕虜として日本で亡くなった人びとだ。捕虜収容所は、日本中にあり炭鉱や軍需工場などで過酷な労働や栄養不足、軍人による虐待、暴力などで亡くなった方が多い。生き残った捕虜たちの心の傷は大きく憎しみも深い。

24年前から日本人による追悼会を開き、捕虜の歴史を探り、当時の軍の行為や背景を見つめつつ、捕虜たちを招き、現代の日本人との交流、平和を語る機会を創ってきた人たちがいる。その活動で捕虜たちの憎しみを平和の礎に変えている。これこそ「過去と現在と未来の共鳴」だと思う。

今年も8月4日午前11時から保土ケ谷公園で英連邦の大使や遺族などを招いて行われる。8月は、身近な地域の戦争遺跡等を訪ね、過去と現在、未来の共鳴する時を大切にしたい。

(横浜YMCA総主事 田口 努)

2018年8月9日木曜日

富士山YMCA 学童キャンプ Bユニット報告②

学童キャンプBユニット2日目です。
午前中は「川遊び」と「牧場」のどちらかをチョイスするプログラムでした。
人気は川遊び!とっても水が冷たくて長くは入っていられませんでした。



牧場チームは羊・馬・牛・ウサギなど多くの動物と触れ合いました。
また、お弁当を届けていただき、外で食べました。


富士山YMCAの草原でこんなもの見つけました!

初めて見る子どもたちは興味津々でした!


今、雨が少し降っています。
キャンプファイヤー外でできるかなぁ~

(駐在スタッフ 長田 光玄)

富士山YMCA 学童キャンプBユニット報告①

富士山YMCA 学童キャンプBユニット 2日目を迎えました。
出発前から天気のことで不安の方も多かったと思います。
素晴らしい天気で2日目をスタートできそうです。
 2日目は川遊び・牧場のどちらかをチョイスして活動します。
横浜中央学童41名・東とつか学童19名・東かながわ学童10名
リーダー・スタッフともにみんな元気に過ごしています。
朝の集いの様子
(駐在スタッフ 長田 光玄)

2018年8月8日水曜日

川滝キャンプ2・ネイチャーキャンプ1 3日目のご報告


川滝キャンプ・ネイチャーキャンプは3日目を迎えました。

ネイチャーキャンプでは野外炊事を行いました。朝はホットドッグとベーコンエッグ、昼は焼きそばを火の起こし方、作って片づけまで、グループで協力をしながら行いました。

午後は泊まったテントの片づけを行いました。グループ全員の力を合わせてテントをたたんで袋にしまっていました。




川滝探検キャンプは午前中に約100分歩いて陣馬の滝までハイキングをしました。
自然と親しみながら、グループのお友だちと仲良く歩く様子が印象的でした。

午後はニジマスのつかみ取りを行いました。はじめてのお友だちも多かったですが、とれた後に「やったー」と叫ぶ声が聞こえてきました。
その後ニジマスを焼いて食べましたが、非日常的な体験を通じて、命の大切さを学ぶきっかけになったのではないかと思います。

夕方にはこのキャンプで初めて富士山を見ることができました。
子どもたちからも歓声があがっていました。 
夜はきれいな夜空の下、各ユニットに分かれてキャンプファイヤーを行い、ゲームをしたり、歌を歌ったり、グループだけではなく各ユニット全体がまとまって楽しむことができました。

明日は富士山YMCAをきれいにしたあと横浜に帰ります。
キャンプ終了まで安全に楽しいキャンプになるようにプログラムを進めていきます。
(富士山YMCAスタッフ 村田彰宏)